CITTAALTO ADIGE

CHIUSA

ここはどこ?ほとんどゲルマンなイタリア

ALBERGHI
  • アルプス型の枕がそびえ立ってます

  • イタリアの標準的なシャワーブース

  • デスク横のフランス窓を開けるとテラス席が

  • 翌朝は少し雪化粧でしたぁ

HOTEL BISCHOFHOF, Griesbruck 4 39043 Klausen, Südtirol

キウーザ駅から徒歩2分ほど。Jasmin ristoranteなるミシュラン2ツ星のリストランテが経営するお宿だけあって、ツイン一部屋118.60ユーロ(2017年:€1=\130ほど)とコロナ隊にとっては高級宿。の割に真夜中は暖房が切られていた(それでも軽い洗濯物は乾く)。

泊まりたかった近隣都市ボルツァーノの代替案だったので特に思い入れはないが、宿のご案内によるとスパやサウナも有料であるっぽい。

RISTORANTI
  • マクダ~ナルの揚げたて風

  • 比較的アルデンテではない触感のパスタ類

  • 腹いっぱいでドギーバッグにしてくれた豚グリル

ORSO GRIGIO, Città Bassa, 3, 39043 Chiusa

小さな街で飲食店が基本少ないのか。事前調査で候補に挙げていた店がどこも満杯、スペルメルカートもなく食糧調達もできずベタ雪の中さまよっていたら見つけた桃源郷。

目抜き通りから見ると軽食やだが、奥にいざなわれるとフツーににぎわっているリストランテ部門が。

ほうれん草のラヴィオリが€9、タリアッテーレが€10だが、豚グリルが€15ほどと、相対的にそない高くもない。

PASSEGGIATA
  • キウーザの閑散とした石造り駅舎からボルツァーノへ

  • 駅を出てプロムナードを沿って行くともう会場

  • ガラスのオーナメント屋台がまぶしく目がやられる

  • 俺も乗せろと野次馬たち(カーニも乗車!)

  • 会場外の目抜き通りもお祭りモード

本来であれば有名なメルカティーノ・ディ・ナターレ(クリスマス市場)のあるボルツァーノにて宿を取りたかったが、9か月前で既に宿が満室!
てなワケ仕方なく山間のリゾート地?ここキウーザに宿泊。正直見どころはほとんどない。

なんとなくメトロのような列車で26分(時間により30分~1時間毎の運行)、ボルツァーノのメルカティーノは駅から5分弱という好立地ゆえ、乗り換えで時間があればピロっと立ち寄ってみるのもいいやも。

Trento

小さなお店が多く街歩きも楽しい街。冬もおすすめ!

ALBERGHI
  • 部屋に入ると前方に食卓が

  • モダンなお台所もあり自炊可能

  • 奥には洗面所があり更に奥には・・・

  • トイレと快適なシャワーブースが

  • 寝室は別にあるなんて広すぎる!

TRENTO APARTMENTS CIVICA, Via Rodolfo Belenzani 46, Trento

トレントの駅から徒歩7分程度のアパートで、ドゥオーモ広場近くの街の中心。台所、食卓、別室の寝室もついたDoppia(2人部屋)のCon Bagno(シャワー・トイレ付)で€63プラス€14の手数料要(2018年:€1=\125ほど)。申し分なくリピしたいお宿のひとつ。

通りをウロウロしてたらおっさんが「アパート探してる?」と話しかけてきたので、客引きかと思いきや待っていた宿主であった。

レセプションにスタッフが常駐しているホテルとは違い、通りに面した表扉と部屋の鍵を渡してくれる。時々クセの鍵もあるので、宿主のいる間に予行練習させてもらうと安心やも。

RISTORANTI

体調不良につき外食断念・・・。

下調べで行きたかった候補は、ロンプラ先生によるとおばあちゃんの料理がンマいらしいAntica Trattoria "Al Volt" Trentoと、ドイツのビアホールにでもいるような雰囲気のBirreria Pedavena。次回は是非お邪魔したい。

  • 缶ビッラにかわいいパニーニがついてきました

  • 翌日はちゃんと生ビッラがいただけましたぁ

FAM&GOLA Break-Point, Via Andrea Pozzo, 7, 38122 Trento TN

短い滞在中に2度も行った、店内がピスタチオカラーで明るく入りやすい、店員が不愛想でもない感じのいいバール。イタリアには珍しくトイレがキレイ!!コロナ隊的には休憩所としてリピ決定ですな。

生ビッラをご所望するもタンクがカラで缶ビッラに、そしてミニサイズのパニーニと落花生がついてきて€4。翌日はちゃんと生ビッラにありつけ、やはりパニーニと落花生、更にスナックがついてきてなぜか昨日と同じ€4でしたぁ。

PASSEGGIATA
  • Mercatino di Natale Trento開催中~!

  • グリューヴァインで暖まりましょうねぇ~

  • お店はどこもナターレ一色。目にも楽しい~

  • 街にブレーツェル屋台がしれっとありますぞ!

  • 駅前にはカモさん大集結の落ち着いた公園も

前年通りすがりで訪れたメルカティーノ・ディ・ナターレがステキだったため、今年は宿泊地に認定。漠然とした言い方だが、カッポするのにちょうどいい広さでカワイイ商店も多く、街歩きも楽しい。

コロナ隊はメルカティーノ開催初日(11/23)の小雨降る朝に訪れ、人が少な目で悠々と店を回ることができた。ここではやはりグリューヴァインをいただいてカラダを温めよう(酒場放浪記風)。

当メルカティーノ会場のほかサブ会場?もあり、ちょっと栄えた街ならお目にかかる『フライングタイガー・コペンハーゲン』もありやしたぁ。

Bressanone

自然や街並みに恵まれたドイツ香る街

ALBERGHI
  • お宿に入ると事務所と客室の棟

  • 我々の部屋は一旦外へ出てこの棟

  • 中へ入るとすぐ寝床。冬でも外気を感じぬ暖かさ

  • ベッド横には保冷用冷蔵庫やコーヒーマシーン

  • トイレ・洗面、お向かいにはバスタブも!

Residence Isarcus, Via Cesare Battisti, 20, 39042 Bressanone

ブレッサノーネの駅からドゥオーモ広場を通り徒歩20分ほどはかかる川向うのお宿。Doppia(2人部屋)のCon Bagno(バスタブ・トイレ付)で€94プラス手数料€3.10(2018年:€1=\125ほど)。

20分と言いつつも、どのみち駅から街の中心部はやや距離があるため、中心に入ってしまえば街歩きも楽しく、そこからお宿へはもうちょい。

協賛宿では近隣のバスや鉄道その他モロモロで使用可能なパス『Brixen card』が支給された。カードの裏にサインをお忘れなく(コロナ隊は検札に注意された)。

RISTORANTI
  • 翌朝見ると入りやすそうな店の外観

  • 席から見える厨房のショットなんぞ

  • 出た!定番の南チロルビッラFORST

  • ケチャップつきの俗なイモをツマミに

  • 喰いごたえ抜群!中華なナシゴレン

  • 海鮮たっぷりの中華なカオなんちゃら

Byblo's Café, Via Mercato Vecchio, 23/A, 39042 Bressanone

お食事どころが軒並み閉店し夕食に困っていたところ発見したユートピア。アジア料理屋だけに(?)夜の外観はなんとなく怪しいが、店内は客で満たされている日本&タイ料理の人気店。

コロナ隊はタイ料理を注文したが、安定のンマい中華で結果オーライ。イモ、ビッラ4杯、麺と焼飯で€31.40。て、レシートを見返すとイモ代を付け忘れているもよう。ありがたや。

PASSEGGIATA
  • お宿近くに日曜も朝から営業のスペルメルカートが

  • これもお宿近くの公園のハトマンション

  • とんがり屋根のトッレ・ビアンカを目印に中心部へ~

  • メルカティーノ開催のドゥオーモ広場到着~

  • チロルな衣装の楽隊さんがスタンバイ!

  • ワタクシどもも待機しとりますヒヒン~

駅から街の中心部まで無機質な道を歩くこと10数分。毎年ドゥオーモ広場でMercatino di Natale Bressanoneが11月の下旬から翌年1月の始めまで開催される。ここまでイタリア北部になると風景はもはやドイツ。

昼間は多種多様な店があり楽しいが、滞在した土曜が悪かったのか、残念ながら19時を回ると街自体閑散として夕食に困った記憶しかない。しかしイタリア最大メルカティーノの街ボルツァーノの宿は大人気で取れないため、ここを拠点と考えるのもいい。