CITTAPIEMONTE

ALBA

極上ヴィーノの生産地へアクセス便利。秋の白トリュフも有名なり

ALBERGHI
  • カーテン間仕切りだけのシャワーブース

LEON D'ORO, Piazza Marconi 2

駅から10分強は歩くが、午前中は衣料・食料の市場が立つPiazzaに面した、年老いたシニョーラが切り盛りしている宿。古いがそこそこ清潔で、午前中にはトイレ付の部屋は既に満室であることから地味に競争率高し?
取って付けたようなシャワーブースは部屋内にあり。

家々の屋根を見渡すテラスには花が溢れている。翌朝部屋を出て行く際、寝巻姿のシニョーラが窓から顔を出し鍵を受け取ってくれたのもお愛嬌。

RISTORANTI

ISIS DI KHALED AHMED, Piazza Elvio Pertinace, 8

バローロ訪問から戻った時には殆どのお食事処は昼の営業を終えていた・・・。ってんでようやっと見つけたリストランテ。天井が高く広いが落ち着く雰囲気。ビッラ、水、アンティパスト・セコンドは1皿ずつ、プリモを頼み47ユーロ~。いやぁ、昼間から喰いすぎましたぁ。

PASSEGGIATA
  • こんなところで昼メシ喰いたい

  • コルク抜き博物館?

  • 偶然めっけたステキ系エノテカ

  • 欧州の窓にはお花ちゃんが似合いますなぁ〜

albaからバスに揺られ、高級ヴィーノの出身地バローロ村へ。メインストリートというほどのものもなく、Barもバス停前のひとつくらい?お食事どころもようやっと見つけて2件程度。気付かなかっただけか?
城内部にあるというお目当てのEnoteca Regionaleに着くも、ピンポイントに閉まっている時間帯に見事ぶつかってしまうという不運。

代わりに見つけたCantine del MARCHESI DI BAROLO(Via Alba12)では外国語堪能な優しいオネエサンが迎えてくれ、 8ユーロで3種類のVinoを試飲。お土産コーナーも充実しており、カーニボンはここでBaroloのグラッパを購入。バス停からも近く、手軽に地のものを堪能したという気分にさせてくれるイカしたところであった。

TORINO

FIATのお膝元・トリノは、フランスの香り漂うお上品な街

ALBERGHI
  • 気品溢れるファブリック〜

HOTEL BOLOGNA, Corso Vittorio Emanuele Ⅱ 60

小さいロビーはいささか古臭いが、棟の一部を改装しているのか、部屋内部はとても新しく清潔。フローリングの床はそこで寝られるほど磨かれていてピカピカ。

カーテン仕切りではない戸がちゃんとついたシャワーブース、冷蔵庫、TV、おまけにエアコンと日本のビジネスホテル並みに施設充実。出られないほど小さいが、通りに面して小さなバルコニーがあるのも、 おフランスっぽくて(?)ステキ。トリノでの定宿化決定。

  • 1階の入り口右手にはソファのあるロビー

  • 鍵を貰って客室へ参りましょう

  • 小さいながらも機能的なお台所がありましたぁ

  • テーブルには飴ちゃんと炭酸入り/なしのお水も

  • 赤を基調とした清潔な寝床とオサレな家具

  • 水垢もない清潔なシャワーブース!

STAR RESIDENCE, Via Susa 5, 10138

ミヅーラさま的にはリピ間違いなしのお宿のひとつ。

賑わうPorta Nuova駅からは地下鉄で3駅あるものの、競争率もお値段も高いことを鑑みれば、近所に良心的なお食事処もありこのエリアで遜色なし。

最寄りのPorta Susa駅からは這ってでも帰れる距離で清潔&台所付き。航空機遅延で当日着が危ぶまれた際もチャットに丁寧に返信いただき好印象なお宿でやんした(個人の意見だす)。

RISTORANTI
  • ポルタスーザ駅の脇腹から排出~

  • 店内はピシっ!としすぎず家庭的な雰囲気

  • レジ横のガサっと感がいい

  • ヴィーノの前にサービスでスプマンテもいただきましたぁ

  • アンティパスト取り分け用の皿か余白がある

  • アンティパストのトスカーナ盛り2人前お待ちぃ~

  • どこかサッポロ一番感のある麺がめっさンマかった

  • はいはい、全員集合ですよぉ~(パシャリ)

TRATTORIA FORCHETTA E SCARPETTA, Corso Inghilterra 23/B-10138

Porta Nuova駅西側出口から見える位置にあり、玄関のブザーを押して解錠してもらうという珍しいパターンのトラットリア。

スタッフの愛想が良く食前にスプマンテを振る舞ってくれたのも好印象。赤ヴィーノ1/2ℓ、ピエモンテ風アンティパスト盛り、ポルチーニ茸のタリオリーニ各1人前ずつで€38なり~。

歳を取るとあまり食べれないのが申し訳ないだすねぇ。

PASSEGGIATA
  • 美しいトリノの鉄道駅でござんす

  • 何か忘れたが何らかの像と建造物

  • 微妙に空いてるリンゴットのショッピングセンター

2度訪れてるが資料写真があまり残ってないのが残念。

その昔、貴族が雨に濡れずに街をカッポしたいと作らせた壮麗なポルティコ(柱廊)はチェントロでいくつも交差し、その下にはおフランスの香り漂うキレイな装飾のお菓子屋さんやバールが。道に迷っていると紳士やマダムから声をかけられたことが何度かあり、お上品で優しい印象の街No1に輝く。

「我が街がチョコの名産地」と名乗る都市は多いがトリノもそのひとつで、王家によって庶民に広まったためかどこに出しても恥ずかしくないエレガントなチョコが名物。

Mirafiori Motor Village
  • コロナ隊はLingotto駅から歩いて行くでやんすよ~

  • 寄り道のため左手に線路を見ながら前方を直進

  • 遠回りしてでも寄りたいスペルメルカート『Esselunga』

  • 郊外型のデカい店内

  • 焼き芋がたんと作れそうな落ち葉の公園を直進

  • FIAT本社到着!駅から30分はかかるか(汗)

  • 場所を間違えさらに30分歩きショールーム到着!

  • 採光しやすい作りはPorta Susa駅に似てるような

  • お写真が撮りづらかったのでギャラリーをばパシャリ

2019年11月某日、家臣のリクエストにより3度目の訪トリノで初めてFIATショールームへ!

Lingotto駅で降り、FIAT本社まで徒歩でたどり着くも目的のショールームは別の場所と判明、更に30分の徒歩移動を強いられる。

本来なら駅前停留所で74番バスに乗り12停留所先(17分ほど)のFermata 306-CATTANEO SUDで降りるのが正解か。帰りはショールーム前のバス停から同じく74番に乗れば駅前に戻れると思われる。

NOVARA

マルペンサ空港へのアクセスも良い、秋の栗フェスに遭遇した街

ALBERGHI
  • チェントロを抜けて静かな住宅街にあります~(宿の写真ではない)

  • 部屋へ入るとデカい寝床が占拠

  • 奥に浴室と一応ベランダもあったかな

  • 物書き机みたいなものも。荷物置き台は有り難い

  • チェッカーフラッグ柄のミニマムな浴室

  • タオル掛けは洗濯物干しに助かってます

  • ミヅーラさまの嫌いなカーテンシャワータイプ

VENTITRÉMARZO, Corso XXIII Marzo 118 28100 Novara

駅からチェントロを抜け20分ほどの閑静なエリアのお宿。

我々は翌朝早い出発でありつけなかったが、すこぶる評判のいい朝食付きで€68.50(2019年時点)。確かにネットで手作りっぽいンマそうなパイの画像を目視。道に面した扉、建物の扉、部屋の扉の施錠がありセキュリティーは良さそう。

ご近所には我らが大好きドイツ系のスペルメルカート『ALDI』や、昼夜とお世話になったリストランテもあり、辺鄙な割には快適であった。

RISTORANTI
  • 外観はホッコリ系のこんな感じ(夜バージョン)

  • バール客はカウンターで対応なのでしょうかねぇ

  • 穴ぐらぽく落ち着いて居心地良し

  • アンティパストのCocktail di Gamberettiとエイネケンをば(残念ながら生ビッラはなし)

  • 追いパン粉が腹に膨れるブカティーニをば

  • 夜のアンティパストはナスとプロシュット盛り

  • ほぼ喰い終わりのこれまたブカティーニ

LA TAVERNETTA, Via XXIII Marzo 1849, 3, 28100 Novara

宿の斜め向かいにあるシチリア料理屋さん。昼入るとスタッフ(オーナー?)一家が食事しており文字通りアットホームで、シチリアではそうなのか、パスタをフォークとスプーンで食しており、我々にも要るか確認してきた。

そない腹も減っていなかったため、昼はアンティパスト1品、ビッラ1瓶、パスタ各々でコペルト(席料)で€27、夜はヴィーノとプロシュット盛りを加え€35と神コスパでミヅシュラン5ツ星認定。今度行ったらもっと腹を空かせて注文したし。

FARE LA SPESA
  • 郊外のキレイな店舗で隣にはドラッグストアも

  • 本当はパーネコーナーの写真が欲しかったのだが…

  • 道すがらの街路樹が季節を物語りますねぇ

  • 住宅街にチンケツ発見~

  • キレイな水色のチンさんも~

ALDI, Viale Curtatone, 12, 28100 Novara

買い物のくだりでなにゆえスペルメルカートかと問われそうだが、ミヅーラさまが好きだから仕方ない。

新しめの店内は程よい広さで、奥にはドイツ方式?の透明ケースから1個ずつ取って種類によって量り売りされるパーネコーナーがドカンと鎮座。ブレーツェルが€0.39(=50円ほど)やら、バラマキ土産にうってつけの小包装菓子ボックスが€0.99(=130円ほど)など、狂喜乱舞しまくる価格帯の商品が揃う。

PASSEGGIATA
  • 秋の日暮れは早いですなぁ~

  • イタリアどこの街でもあるある風景

  • おや、ポルティコには意外と人がいますぞ

  • すはっ!実際火を起こして栗を焼いてますぞ!

  • 今年もゲトできましたグリューヴァイン!

  • おや、この時間に珍しく市場かな?

  • 生活雑貨市ですな。食べ物もあればもっと嬉しい

  • ワタクシのアペロールと羽の赤ヴィーノ

  • このフォカッチャ風情がアツアツで塩加減も絶妙!

空港までの交通の便だけ考えて選定した宿泊地で期待はしていなかったが、昼間は通行人すらまばらだったチェントロには夜、Castagnataと呼ばれる焼き栗フェスでごった返す人々が!テント下の仮設テーブルで栗とグリューヴァインを味わいましょう。

昼には閉まっていたポルティコ下の店舗は煌々と灯りをつけ営業。H&MやZARAなどもありましたぞ。ミヅーラさまも珍しく服飾品などをお買い求め~。

今回まだTo Doリストにチェックが入っていなかった「クソ寒い中テラス席でアペロールを呑む」の項も埋まったし、いい最終日の想い出ができましたぁ。