Viaggi

Alto AdigeDicembre 2017

ごっきゅーーん!

昨年に引き続きイタリア行脚当日を迎えることができた朝、隊員犬ぱむをペット宿に預けたのち、オンラインチェックイン済みのため離陸1時間前に関空到着~

「今回は聖地でビッラ三昧ですよぉ、カーニボン(嬉)」
「ところでどこへ参るのでしたっけ、ミドゥーラたまぁ(楽)」

てなワケで旅程を理解しているかナゾな羽家臣を引き連れ、9年ぶりのフィンエアーに乗り込む。

「機内でもビッラをいっぱいいただく所存ですぅ」「あいつらやっと捕まえましたわん・・・」
「機内でもビッラをいっぱいいただく所存ですぅ」
「あいつらやっと捕まえましたわん・・・」

Al Castelloでも紹介したが、今回ドイツはミュンヘンINし、メルカティーノ・ディ・ナターレ(クリスマス市場)がはびこる南チロルを列車で南下、最終的にミラノへ抜けて帰路につくというおしながき。

量が少ないフィンエアーの機内食に文句をたれつつも10時間後、ヘルシンキ・ヴァンター空港へ到着。1時間という無駄のないトランジットを経て小型機に乗り込み、晴れてドイツはミュンヘン空港へ降り立ったのであった。

「ミュンヘン到着です~って、隊員犬がいますぞ!(驚)」「今年もみんなで来れましたわん(喜)」
「ミュンヘン到着です~って、隊員犬がいますぞ!(驚)」
「今年もみんなで来れましたわん(喜)」

「それはさておきカーニボン&ぱむ!さっそく例のとこへ参りますよぉ!」
「はぃぃ、よくわかりませんがお供しますですミヅーラさまぁ」
「あすこですね、わんわん~」

そう!空港に着いた時点でミヅーラさまには行きたい場所が。

数年前放送されていた『旅は道ヅレ』なる関西ローカル番組で、ドイツで100種類のビッラを飲みたい女子と吉本新喜劇の宇都宮まきちゃんがまず訪れたのが空港内の『EDEKA』というスペルメルカートなのである。棚に陳列されたビッラの大海原を目視すべくいざ潜入!

空港店でありながら相当な広さですねぇ
空港店でありながら相当な広さですねぇ
食肉加工品の充実っぷりにお鼻血が
食肉加工品の充実っぷりにお鼻血が
店の一番奥に登場~!前方後方すべてビッラ(嬉)
店の一番奥に登場~!前方後方すべてビッラ(嬉)

まずはカーニボンがお買い求めしたビッラとサラーメをベンチでもっさ&ごっきゅん!

「これはワタクヒの好きな味でふよ、カーニボン」
「ミヅーラはまぁ、喰うかしゃべるかどっちかになはいまへぇ」

街ナカにあるような店や軽食やさんも多いし、今度は帰路でこのミュンヘン空港を利用したいですなぁ!

麦スカッシュ連邦共和国に上陸した祝いの儀をば
麦スカッシュ連邦共和国に上陸した祝いの儀をば

空港駅にて、券売機に挿入した紙幣が突っ返されると「向きが違うぞ」と入れなおしてくれたおっちゃんに感謝しつつ、Sバーンなる都市近郊鉄道でミュンヘン中央駅に到着。

空港駅のホーム。所要時間を明示するとは実直なゲルマン
空港駅のホーム。所要時間を明示するとは実直なゲルマン

記念すべき初日のお宿はミュンヘン中央駅(München Hbf)からなんと徒歩20秒!部屋も普通に温かいしバスタブもあるし、長旅の疲れを癒すのに十分な設備なり。さあさ、12月の外気に対抗する装備をまとい、いざ麦スカッシュをあおりに街へ繰り出そうぞ~

「どのビアホールがいいですかな、カーニボン?」
「是非とも『道ヅレ』さんで登場したシュパーテンハウスに参りとうございますぅ」

中央駅からお目当てのシュパーテンハウスがあるマリエン広場までは地下鉄で2駅だが、この時期の街は目も眩まんばかりにキレイな装飾が施されているため、目抜き通りを拝んでいきましょう。

広場に突如そびえたつ屋台。グリューヴァイン(温葡萄酒)を求める人で賑わっとります
広場に突如そびえたつ屋台。
グリューヴァイン(温葡萄酒)を求める人で賑わっとります
賑わうマリエン広場到着~寒いが心は暖まります
賑わうマリエン広場到着~寒いが心は暖まります

入り口がわからず裏口をウロウロし従業員に「正面はあっちだ」と教えてもらいたどり着いたシュパーテンハウス。

「腹をすかせている旅のかんむりと羽です。どうかビッラをめぐんでくださいなぁ」と丁重にお願いすると、「機内の無料ビッラでは腹の足しにならなかったのは見てわかります。ささ、貧乏くさいですからあの隅っこの席へ」と親切に案内される。

メルヒェンな佇まいでっしゃろ
メルヒェンな佇まいでっしゃろ

さて、我らコロナ隊がシュパーテンハウスに潜入したのは夜10時、日本時間では朝の5時である。デカい骨付き肉と格闘中の民を横目に、ヴルスト、プレッツェル、そして500ミリリットルのヴァイスビアをご注文~。

元は別だが合併してシュパーテン・フランツィスカーナー醸造所となったらしい
元は別だが合併してシュパーテン・フランツィスカーナー醸造所となったらしい

ごっきゅんごっきゅん、ピヒャ~!!想い焦がれていた聖地でのビッラにミヅシュラン5ツ星進呈~!

ヴルストは小ぶりながらも粗びきで喰った感があり、プレッツェルの塩気も手伝ってビッラが進む~!胃は疲れているが軽快に2杯目おかわりぃ。あ、『道ヅレ』さんに登場したおバアちゃん給仕さんもカワイイ民族衣装でまだまだ元気に働いてらっさる!

写ってないがにここのプレッツェルはクソ固い
写ってないがここのプレッツェルはクソ固い

帰りの道すがら、ヒトラーがナチスの集会を行ったことでも有名なホフブロイハウスをチラ見することに。高い天井の装飾やら音楽隊の演奏やら賑わってる人々やら、他のビアホールを圧倒する存在感!

基本相席らしいがケツもねじ込めぬほど詰まっております
基本相席らしいがケツもねじ込めぬほど詰まっております

次はここにも訪れたいですねぇカーニボン、と話し合ったかどうかは忘れたが、駅ナカのEDEKAで買い込んだ部屋呑みグッズを抱えお宿に戻った。

わんわん、寝心地いいお布団だわん~
わんわん、寝心地いいお布団だわん~