Viaggi

LazioSettembre 2012

ガウガウ~!!!

昨日は雨の中閑散とした街を練り歩き疲れたが、清潔なシャワーブースでカラダをキレイキレイにし、広く快適なベッドでスヤスヤしたおかげで気持ちよく朝を迎える。早いもので本日の午後にはもうイタリアを去ってしまうのだ。

「腹が減って行き倒れそうですよ、カーニボン」
「ミヅーラさまは実際行き倒れている時以外、いつもそうおっしゃる」
ってんで、朝食をもっさもっさすべく部屋を飛び出すと、昨日ダンナさんと判明したおっちゃんがもうロビー兼朝食室に立っておった。ハム屋に出勤する前についでに寄って、ワタクシどものためにカップッチ~ノを用意してくれるらしい。

昨日の雨も上がりすがすがしい一日の始まりですぅ
昨日の雨も上がりすがすがしい一日の始まりですぅ

その間かかってきた電話に「ああ、今カップッチ~ノを準備してるんだ、ニホンジンのために」と昨日からのアピールポイント「ニホンジン」を連呼していた(正確にはコロナ国民ですよぉ)。

さて、お飲み物も用意できたのでいっただっきま~す!するとおっちゃん、フトコロから真空パックのハムを出し、「これ持っていきなさい」とな!日本で買うと1000円はしそうな自社のハムをお土産に持たせてくれるとは!渡すと満足そうに「じゃあな」と出勤して行った。

あいや、朝食のメニューの説明を忘れておった。朝食の大体のセッティングは前日の昼からテーブルに用意されてあったが、朝見てビックリ。カーニボンご執心の、まな板に盛られた溢れんばかりのサラーメやプロシュット・クルード!大きなパーネが丸ごと置かれ、ザックザック切ってわっさわっさプロシュットを乗せておあがんなさいなということらしい!

「こんなふぉうふぁなひょうひょくはぁ、はひめてでふねぇ~」
「何ふぉ言ってるふぁわかりまふぇんよぉ、ファーニフォンや~」

まな板のプロシュットを全て平らげたころ、宿主のマダム・パウラが「朝食はどお?」とやってきて、フトコロから真空パックのハムを出し「これ持っていきなさい」。

すはっ!夫婦の行動パターンが見事に同じ!既にいただきましたと正直に申告し、更に有難く頂戴する。その他にも「これ持っていきなさい」と街のポスターやらをいただき、気持ちとお腹を満タンにしお宿を去ったのだった。

こんな豪華な朝食があっていいのでしょうか!?
こんな豪華な朝食があっていいのでしょうか!?

あ~さてさて。
ポルタ・ロマーナ駅から列車に乗り込み、2時間半ほどでローマはテルミニ駅到着。コロナ隊御用達のスーパー『CONAD』にて恒例のお買い物ターイム!

「ミヅーラさまぁ、そう言えばホームにも新たなスーパーが」と我が優秀な家臣カーニボンが言うので、知らん間に出来ていた『DE SPAR』へ。地上にあるため地下のCONADよりなんとなく明るく清潔感があり、ホームの端にひっそりとあるためココ、穴場ですぞ~。しばし買い物で別行動をとったのち、列車でいざフィウミチーノ空港へ。

往路で急病人のため北京空港へ緊急着陸、シャルル・ド・ゴール空港で乗換便に乗れず後続便に押し込んでもらいやっと辿り着いたイタリア。数日前ヘロヘロで降り立ったこの空港駅を感慨深く眺めたかどうかは忘れたが、このあと中国のナゾの煙台(ヤンタイ)なる空港を経由するコロナ隊に幸あれ。

3泊6日の強行手段にも関わらず色んな新しいこと(緊急着陸)を経験できたし、また必ず行くから待っていておくれイタリア~!

ミ、ミヅーラさまどうやって!?
ミ、ミヅーラさまどうやって!?