Viaggi

SiciliaGiugno 2005

船からのアプローチってステキですねぇ
船からのアプローチってステキですねぇ

スンスン。
船室で目が覚めると、遠くでウサン臭いニオイがする。スンスン。甲板へ出てみると朝陽に輝くナポリの港が近づいている。ウサン臭いがそれでも多くの人を魅了して止まない街ナポリに到着したのだ!

ナポリは一年半前に訪れ、治安が悪い・汚い・うるさいなどの前評判に反していたく気に入ってしまった街なのだ。リストランテの兄ちゃんもちゃんと仕事をしないからか、2本目のヴィーノの勘定を付け忘れるという嬉しいハプニング(しかも2回)もそれを後押ししている。

朝7時にポイと船から降ろされたにも関わらず、駅で荷物を預けバールで朝食を取り、スパッカナポリを散策してるうちに街が機能する時間帯となってくる。チェーン展開する生活用品店で持ち手の短い小柄なグラスを見つける。トラットリアで置いてるカジュアルな感じでヴィーノを飲む時のヤツだ!コレが欲しかったのだ~と即お買い上げ。カーニボンは新しいコルク抜きを狙っているようで、ステキな金物屋でひとつゲット。

やあ、洗濯物がはためいておりますねぇ〜
やあ、洗濯物がはためいておりますねぇ〜

ガッレリア付近のメインストリートであるトレド通りは、平日にも関わらずエラい人の数。「ナポリに来たらバーバを食さずにどうします」とイチゴと生クリームで飾られた一品を家臣にたかり、一口。ん~まるで繊細なフランス菓子のような味わい!(フランス菓子知らんけど)

ある一軒の店でカーニボンがそわそわ、モジモジしだす。たまらず店へ駆け込み買ったモノは、「フリッタティーナ」という揚げモノであった。アランチーニの中身をマカロニにしたようなモンか。カーニボいわく「カプッと噛むと、口の中がマカロニ祭り状態、ぷにぷにした食感がたまりませんっーーー」だそうな。

今度はワタクシの鼻が利き、激安おべべ屋を発見。モソモソあさっていると「アナタハ ニホンジン デスカ?」と近づくシニョリーナが。「そんなようなもんです」と答えると、嬉しそうにそのシニョリーナは、文化・歴史に興味があるため日本語を勉強している、日本の友達が沢山いる、旅費が高いので日本へは一度も行った事がない、など一気にまくしたて去っていった。ガイジンを見つけては自分から積極的に話しかける姿勢は見習わねば。

そうそう、オベベを選んでるんでしたと気に入ったステキな一枚を店主へ差し出すと「ウネ~~ウロ(un euro)!」。なんとたったの1ユーロ(138円)!さすがナポリ!

前回晩メシを食した『IRIS』という駅前通りのリストランテで昼を食すこととする。ここはヴォンゴレがンマかった記憶があり、再訪を渇望していたのだ。カーニボンはカルボナーラ、ワタクシはお気に入りのヴォンゴレロッソをご注文。前回ここで出会った流暢な日本語をあやつるカメリエーレはあいにくおらず、代わりに段取りが悪いカメリエーレが応対する。

インサラータ(サラダ)をつつき、冷えたオヤジビッラをごっきゅん、ごっきゅん。ピヒャ~。太陽の下のビッラは最高に爽やかですなぁ!これがイタリア最後の食事だと思うと切なくて喉も通らないよ~ぅ!ってなワケはなく、実に美味しくいただく。

さあさ、お名残惜しいところだが出発せねば。今夜ローマ発の飛行機で帰るのだからな。帰りは我々にとって未曾有の豪華な交通機関、ES*(エウロスターイタリア)。乗り込むと、人と荷物で車内はぎゅうぎゅう。しかも指定席なのにテキトーな場所に座っているのだから、当然混乱が生じる。「いいか、みんな」とあるオヤジが指揮を取り、席替え大作戦は無事終了。疲れも手伝って軽い眠りに落ちる。

ローマ・テルミニ駅。フィウミチーノ空港へ向かう前にまず立ち寄らねばならない場所は、前回ナゾの閉店をしていたスペルメルカート(スーパー)『CONAD』だ。広い店舗に移ったのかと踏んでいたらやっぱりそうだった。店内は広く新しく、陳列も若干シャレている。ここで現地でしか調達できないものを買いあさるのだぁ。

まずは日本では2千円は下らないフォルマッジョの塊と、そうさな、CONAD印のショートパスタと、うんうん、『SASSO』のオリーブオイル缶も。呑んべえカーニボンはグラッパなんかもせっせとカゴに放り込んでいる。これも日本で買うと3千円は下らない一品か。まったくイタリアは買い物天国でございますなぁ。

・・・買い物に熱を入れすぎたか、その後の空港行き列車に遅れ、果ては「あなたたちが最後、悪く思わないで」とチェックインカウンターのシニョーラに席をバラバラにされ、空港で最後の買い物に興じる時間もなかった我らコロナ隊に幸あれ。もっと言えば「ワタクシどもはコロナ王国から参りました女王と家臣でございます。頼むから席(ド真ん中の最悪な席)を替わってくださいまし」という無理な要求に快く応じてくれたベルギー人のシニョリーナに幸あれ。また来年行くから待っててくれイタ~リア!