PASSEGGIATE

TAIWANDicembre 2023

新年快樂~!シンニィェンクァィラ~

のけぞるほど快適なお宿で3日目の朝を迎える。本日は台東から近い米どころ池上チーシャンで池上便當を喰らい、キャンプ地の花蓮フアリェンへ移動するおしながき。

「ささ、家臣たちや、昨日もらったこの朝食券でメシを」
「まずはどこへ潜入するか作戦会議をば」
「わ~ん」

@100元の朝食券を握りしめ潜入するはLane28 Brunchなるオサレカフェ。こんな機会なくして決して踏み入れることのないサンクチュアリである。

外見からオサレでっしゃろ
外見からオサレでっしゃろ
白を基調としたスッキリさんなデザイン
白を基調としたスッキリさんなデザイン
取りこぼしもなくキッチリ@100元
取りこぼしもなくキッチリ@100元

ゲフー、喰った喰った。いつもは安く済ませてた朝食だが、今日はゼイタクさせてもらった。いい気分でお宿に戻る。

さて、ずっと居座っていたい快適なお宿だったが旅を続けよう。

カフェ内のレセプションでチェックアウト~
カフェ内のレセプションでチェックアウト~

お宿近くの旧台東駅の鉄道跡地鐵道藝術村に寄ってみるが、朝ゆえか店も何も開いてない。

露店が軒を連ねる夜市があるとかないとか
露店が軒を連ねる夜市があるとかないとか
ようわからんが線路が残されとります
ようわからんが線路が残されとります

ちょうどこの表側がバスターミナル。受付嬢に台東駅までのバスを尋ねると、時刻表を見せてくれ「コレ全部駅まで行きますぜダンナ~」とな!相当な本数だが、昨日歩いたのは何だったのやら…。

駅へのミニバスには客も二組しかおらなんだ
駅へのミニバスには客も二組しかおらなんだ

昨日暗い中1時間以上歩いた駅までの道のりは、このちっさい子で20分。昨日のは(以下略)。

台東駅の夢工場は夢を求める人たちでいっぱい
台東駅の夢工場は夢を求める人たちでいっぱい
新しめだが新自強号ほどのスタイリッシュさはない
新しめだが新自強号ほどのスタイリッシュさはない

太魯閣号で30分ほど、米どころ池上チーシャン到着~

池上駅は木を前面に押し出したステキな造り
池上駅は木を前面に押し出したステキな造り
地名を地名で例えるパターン
地名を地名で例えるパターン

と、ここで女王がモジモジし出す。

「家臣たちや、ワタクシは例のモノにですね…」
「乗ってみたいのですね。行きましょうとも~」
「わんわん、わわん~」

ドケチ女王がカネを払ってまで乗りたいもの、それは幌つきの二人乗り自転車である。米どころと同時にチャリどころでもある池上駅前にはレンタサイクル屋がわんさとある。

電動で500元、足漕ぎで300元ならモチロン安い方を借りる
電動で500元、足漕ぎで300元ならモチロン安い方を借りる

モデルコースの地図をもらい、ご陽気なペア自転車で目指すは『伯朗大道ボーランダーダオ』!

風光明媚なサイクリングロードに出るにはまず、交通量の多い大道の端をキコキコせねば。

「ここを入る道があるはずですがぁ~」
「それでは同じ道をグルグルすることに~」

地図とGoogle Mapを照らし合わせ順路を見つけるも、狂犬病ワクチンすら怪しい飼い犬が砂利道に寝て行く手を阻む。案外素直にどけてくれた瞬間、クエストクリアの音楽が流れたのは言うまでもない。

汚れた幌の下一生懸命に漕ぐ
汚れた幌の下一生懸命に漕ぐ

順路に出ると他のチャリンカーも合流。大きな違いは彼らは電動、コロナ隊は足漕ぎだが、目指す場所は同じである。

湖のほとりでひと休憩であります
湖のほとりでひと休憩であります

我々が目指す『伯朗大道』の文字を見て、台湾好きな方はお気づきだろう。そう、台湾コーヒーの代表格、Mr.ブラウン(伯朗珈琲)の名をなんか知らんが冠した道である。

途中チェーンが外れ直すのに悪戦苦闘するも、無事オヤジの像を拝むことができた。

ぜえぜえ、やっと着いた…
ぜえぜえ、やっと着いた…

その先には『金城武の木』もあるが、もう列車のタイムリミットが迫ってるので引き返そう。

人だかりなのでこの辺かと
人だかりなのでこの辺かと

ちなみに『金城武の木』の由来となったEVA航空のCMがこちら。『天使の涙』と比べるとおっちゃんになったなぁ。

新年早々汗だくになりつつフェッラーリ号を返却し、有名店悟饕池上飯包文化故事館で便當を買いこむ。

古い駅舎を模した便當屋だす
古い駅舎を模した便當屋だす

ドケチ女王はいつも一番安い商品を選ぶので、商品名ではなく「〇元のください」と注文することにしている。

本日のキャンプ地花蓮を目指し列車でいただく
本日のキャンプ地花蓮を目指し列車でいただく

1時間半かけて花蓮到着~。ここで真っ先に行くべきは花蓮酒廠なる酒工場!

その前に攻めた形状の花蓮駅で集合写真~
その前に攻めた形状の花蓮駅で集合写真~

2023年夏にオジャマした台中や崎頂チーディンのビール工場系列で、台灣啤酒の生ビッラがいただけるとなれば行くしかない。

駅すぐにバスターミナルがあって便利
駅すぐにバスターミナルがあって便利

バスターミナルで案内マダムに訊くと、その一人は日本語を操った。もらったバス時刻表に乗るべき便をマークし、バスに乗り込んだものの降りたのは海岸であった。

「思ってるバス停と違いますねぇ」
「降りるべきはひとつ手前では…?」

目の前に広がるは花蓮の海。このまま歩いて工場に行ったとてもう閉館時間ゆえ、海岸をしばし愛でようではないか。名物なのか、曇天の夕方にも関わらずたくさんの人がまったりしている。

観光客然とした人々が多数おられましたぞ
観光客然とした人々が多数おられましたぞ
夏ならもっとキレイなんでしょうねぇ
夏ならもっとキレイなんでしょうねぇ

さて、バスで駅に戻ろか~とバス(行きと同じ二階建てタイプ)に乗ろうとしたら満席で断られる。そんなことあるか?!同じく乗れなかったベトナム青年としばらく次のバスを待つが「タクに乗ろう」ということに。

我々を気遣い「タク代は半分にしよか?」と提案してくれるが3分割とする。結局ひとり100元(≒450円)弱でお宿近くに下車できた。ベトナム青年ありがとう。年のクセにおごらずすまぬな…。

本日のお宿Roaders Hotelは東大門夜市に近い中心地に位置し、何をするにも便利。

ニッチスペースに寝床あり。靴脱いで上がれるのがよき
ニッチスペースに寝床あり。靴脱いで上がれるのがよき
Youtubeも観れるテレビあり
Youtubeも観れるテレビあり
シャワー仕切りもしっかりで水漏れ知らず
シャワー仕切りもしっかりで水漏れ知らず
1階の共有スペースはソファもあり快適そのもの
1階の共有スペースはソファもあり快適そのもの
ほいで駄菓子のみならず
ほいで駄菓子のみならず
カップラーメンも喰い放題てそんなんあります~!?
カップラーメンも喰い放題てそんなんあります~!?

散策がてら、本日の晩メシを調達しに東大門夜市に走吧!

旧花蓮駅も街中にあったらしく、線路やオブジェがそこかしこに。

線路を残すことの意味はさておき
線路を残すことの意味はさておき
花蓮は想像以上に都会で街歩きも楽しい
花蓮は想像以上に都会で街歩きも楽しい
今回は中華門をよくお見かけしますなぁ
今回は中華門をよくお見かけしますなぁ
道幅が広く整備されたキレイな夜市
道幅が広く整備されたキレイな夜市
隣接する公園にはフォトスポットも
隣接する公園にはフォトスポットも

近年は外での食事より宿メシが多くなった老人コロナ隊。これでいいんだ…、いや、これがいいんだ、と井之頭五郎さんの名ゼリフを言ったかどうかは忘れたが、快適なお宿で幸せをかみしめるのだった。

多方面から集めた本日の晩メシがコレ~
多方面から集めた本日の晩メシがコレ~